« 某航空会社と某改善活動と適応障害 | トップページ | 投稿認知療法 »

2006年2月23日 (木)

朝型生活療法

一部でご評価を頂いた「TOEIC療法」に続き、「朝型生活」をあえて「療法」として紹介させて頂きます。

いろいろと朝型生活のメリットを謳う本は出ていまして、いくつかは参考にさせてもらっていますが、私の場合はあくまでキッカケが会社を適応障害で休んだ事に始まりますので、若干方法や考え方が異なります。(大脳生理学や代謝の関係では「良い事である」との理解までで思考停止していますが、それはそれでも問題は無いと思ってます。)

■実際の毎日

夜9時頃就眠し、朝は目覚まし無しで朝4時±30分ぐらいで起きます。起床後、風呂、柔軟体操、コーヒーなどで落ち着いた後、ノイズの無い、一人だけの世界を約2時間過ごします。今は、英語学習、日記、ブログが多いですが、どうしても必要な時は「仕事」もします。また、一つのことに(集中力の限界とされる)40分以上はかけず,、できるものは20分ぐらいで終わらせて区切ります。アイロンがけとか部屋の整理とかの雑用も時としてする必要がありますが、休憩のつもりでサッやってしまいます。以前は近くをジョギングしたり、メンタル系の読書などにもこの時間帯を使っていました。

■メリット

1.頭がスッキリしていて、ノイズも無いので、「英語を英語で理解する」式の学習にスッと入れます。また、ブログや本などからも、自分とは異なる考え方をじっくりと考えながら理解し、その上で落ち着いて取捨選択ができるので、得るものは多くなります。

2.後の時間が決まっている(6時~に家族が起床、7時~に家を出る)ので、何かあっても引き摺らないようになります。例えば、ブログに多少の誤字脱字があっても主旨が通じればいい、といった調子で完璧主義の傾向を排すにも役立ちます。

3.その後の時間も有効に使えます。起床してきた家族との会話は(波はあるにせよ)余裕を持ってできますし、約1時間の通勤時間は英語のリピーティングにフルに使ってます(休憩も少しは入れてますよ)。電車が空いているのもいいですね。会社に着けば、ノイズの少ないオフィスで一気にONモードからスタートできます。

4.早寝早起きなので、10-12時就眠、6時~起床の家族とは、「程好い距離」が保てます。

■デメリット

1.2年ほどお世話になっている主治医や会社のカウンセラーからは言われませんが、他の医師やカウンセラーに話すと「もっと寝なさい」「がんばりすぎ」などと言われてしまい、その都度、過去の経緯や実際の毎日を説明して理解を求めています。

2.(最低限の参加としてますが)前夜に宴会があって帰宅が遅いと、1-2日は生活リズムがガタガタになります。大抵は金曜夜なので土日に調整しています。

■必要環境条件

パソコンへのソフトのインストールではありませんが、このような「療法」を走らせるためには以下の環境条件が無いと難しいでしょう。

1.定時退社させてくれる職場環境。このお陰で、7時台に夕食が自宅でとれます。(こんなことは海外諸国では当たり前との統計が先日報道されていましたが、、。)

2.「時差」への家族の理解と協力。これには感謝しています。特に妻には、、、。

いろいろと他にも工夫をしながら、適応障害を乗り越えようとしていますが、私の場合にはこの朝型生活「療法」が基本です。やっぱり「がんばりすぎ」かな~

|

« 某航空会社と某改善活動と適応障害 | トップページ | 投稿認知療法 »

コメント

知人のTです。朝方生活といい英語療法といい非常に参考になりますのでいくつか質問させてください。①朝7時に家を出られているとのことですが、”電車は空いている”のですか?②朝の事務所はノイズが無いとのことですが、本当にそういう恵まれた環境なのですか?③出社時の電車の中での英語の勉強は何をされているんですか?例えばiPodのようなmpプレーヤーでアルクのヒアリングマラソンを聞いているとか・・・・④朝仕事をすることもあるとのことですが、本当ですか?その場合はやはりはかどりますか?以上お教えいただけましたら幸いでございます。

投稿: Fantasma | 2006年2月25日 (土) 13時05分

ご愛読とコメントありがとうございます。

①電車は空いているかは主観にもよるでしょうが、不快感の無い程度には空いていますし、乗り換えたT線(12分-15分乗車)は都心と逆方向なので確実に座れます。

②朝の事務所のノイズは本当にその通りで、特に今の部署は8時40分ぐらいに二人目が出社するのでとても恵まれています。フレックスを普通は「後ろ」に使うんでしょうね。私にはその価値が理解できません。

③出社時の電車の中での英語の勉強は、リピーティングという、やや負荷のある(逆にいえば通勤途上の周囲など気にしてられない)方法を取っています。この方法自体を知るためにはKHシステムをお薦めします。
http://www.kh-system.com/
今のテキストはAll IN ONEという中級者向けです。参考に著者のサイトを貼っておきます。
http://linkage-club.co.jp/

④朝仕事は本当にしています。朝型生活をしていることの実証にもなり、定時退社している私の免罪符にもなっています。その場合の仕事の内容は2つに分かれ、予定の調整を連絡するメールと、pptなどの資料(の骨子)づくりです。ただの作業になるようなものは会社で疲れた時にやっています。

お答えになりましたでしょうか?

投稿: mmm | 2006年2月25日 (土) 13時19分

参考になりました。朝方の生活は私も過去何度か実践してきましたが、どうしても職種が営業で、かつ定時帰社が困難な現在の職場環境ではむずかしいのも事実です。 ただし家族とのコミュニケーションが改善された点など参考になります。

投稿: Fantasma | 2006年2月26日 (日) 17時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36602/794135

この記事へのトラックバック一覧です: 朝型生活療法:

« 某航空会社と某改善活動と適応障害 | トップページ | 投稿認知療法 »