« 東横インの「内観」とは何だった? | トップページ | 企業向けメンタルヘルスサービスの実態 »

2006年2月 4日 (土)

イチローと松井、そしてヒンギス

メンタルタフネスで著名な某氏によると、イチローは完璧主義で問題あり。逆に松井はメンタルタフネスの点では卓越しているとのこと。今日の「世界一受けたい授業」の「心理学」に「先生」として出演した松井には確かに素晴らしい思考方法や物腰を感じました。その松井が「100%」と言い出した時は一瞬緊張しましたが、要は自分の実力をちゃんと把握してそれが120%ではなく100%発揮できればよい、との話しでした。(さすが!)

話題は反れますが、今日のヒンギスとシャラポアの試合はTVで見ていて、ヒンギスに自己実現を見ました。ブランクも人を成長させるものだなと改めて感じた次第です。

個人的には適応障害を抱えながらも、テニスと英語学習を通じて、「治療」をしています。カウンセラーや薬のお世話にもなっていますが、基本は自分自身だな~と思う一日でした。

|

« 東横インの「内観」とは何だった? | トップページ | 企業向けメンタルヘルスサービスの実態 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36602/611172

この記事へのトラックバック一覧です: イチローと松井、そしてヒンギス:

« 東横インの「内観」とは何だった? | トップページ | 企業向けメンタルヘルスサービスの実態 »